ゴルフ会員権で料金が安くなるメリット

ゴルフ会員権を持っているとプレー料金が安くなるというメリットがあります。多くのゴルフ場は会員権を持っている会員とビジターによっていくらかの差があります。
ゴルフ会員権は会員本人が死亡するまで有効なものや会員本人が死亡しても相続できるものもあります。また、最近では年間会員権など低位価格のものもあります。
これから、ずっとゴルフを続けて行く方で趣味でよく行く方や会社などの関係の付き合いや接待でかなりの回数をプレーする方には購入するメリットがあるといえます。また、会員のコンペがゴルフ場主催で開催されたりなどイベントも満載です。また売却できないものもありますが、売却ができるので相場が上がった時に売って安い時に買い戻すこともできます。

ゴルフ会員権に関する仕訳をする

ゴルフ会員権に関心を持っている人は多いものです。一般の個人であれば、単なる資産として保有したいという考えで問題ないのですが、企業・個人事業主などがゴルフ会員権を取得しようとしている場合は、経理上の処理が必要になります。適切な勘定科目を使用して、仕訳を行わなければならないのです。
ゴルフ会員権というのは、会員制になっているゴルフ場の施設を利用するに当たって、あらかじめ預託金を支払っておくことで、一般利用者と比べて有利な条件で利用することができる権利のことを指しています。この時、預託金は債権という性質を持っていて、固定資産としての処理を行います。
仕訳を行う際は、差入保証金勘定や、その他の投資資産勘定を使用します。